じゅうたんのメリットを知ろう

じゅうたんを部屋に1枚は敷いている家庭も多いかと思います。ただ、汚れてしまうと洗いにくいかったり、ゴミが奥まで入り込んでしまい、掃除しにくいためできれば敷きたくないという方も少なくないのではないでしょうか。しかし、当たり前のように各部屋に敷かれているのにはそれなりの理由があるはずです。そこで以下では、じゅうたんのメリットを見ていくことで、その大切さを再認識したいと思います。まず1つ目のメリットが保温性の高さです。

夏場はともかく冬場はフローリングの上をそのまま歩くと、足元からの冷たさに耐えられたものではありません。じゅうたんは繊維の中に空気を含めることで保温性を高めています。冬場には欠かせない存在と言えるでしょう。見た目にも温かさを感じられるため、最近多くなってきた床暖房を備えた家でも敷いているという家庭をよく見かけます。次に2つ目のメリットが防音性です。フローリングは硬い素材をしているため、家によってはその上を歩いているだけでも下の階にいる人にその音が聞こえてしまうということもあります。人が床と接して音を発するという場面は思いのほかあります。歩行する場合はもちろん、物を落としたり、子供がとび跳ねたり、また掃除機をかける時も音が鳴ります。近年はご近所の騒音が大きな問題になったりするため、マンションのような集合住宅に住む場合は、敷いておくことが必須と言えるでしょう。

3つ目のメリットはデザインです。キレイな木目調のフローリングだったとしてもそれが部屋一面に広がっていれば、退屈なデザインと言えます。最近ではネットでも購入できるようになったことで、じゅうたんは材質や大きさ、デザインが多種多様になってきました。春であれば明るい色目の物を、秋であれば少し暗い色目の物をといった感じに季節によって使い分けているという方も多いかと思います。シンプル過ぎる部屋でも一枚敷けば、その印象をガラッと変えることが可能です。そして4つ目のメリットがホコリが出ないことです。じゅうたんを敷くとホコリ出るのが気になるという方も多いですが、少しその認識は間違っています。ホコリというのは生活していれば必ず発生します。じゅうたんにはダストポケット効果があり、ホコリが舞い散らずに包み込んでくれるため、フローリングのままの状態よりむしろ衛生的であるとされます。他にもメリットはたくさんあります。最近では洗濯機で丸洗いできるようなものも出てきたり、お子さんがいる家庭にとっては心配なダニや花粉などのアレルギーの原因物質の働きを抑制する機能をもつものを販売されるようになっています。じゅうたんの重要性を一度見直してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です